巡礼所一覧
第一番札所

六角堂 頂法寺

◎宗派・単立◎如意輪観音菩薩(六角堂 本堂)

御詠歌:わがおもふ こころのうちは むつのかど ただまろかれと いのるなりけり

 


寺号を紫雲山頂法寺と号する寺で、本堂が六角宝形造であることから、一般に「六角堂」の名で親しまれている。開基は、聖徳太子で、四天王寺建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた時、霊告によってこの地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられている。

早くから人々の崇敬を受け、弘仁十三年(八二二)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳二年(九九六)には花山法皇の御幸があり、西国三十三所観音霊場[現十八番の札所]となったと伝える。建仁元年(一二〇一)、親鸞聖人が当寺に百ヶ日間参籠して、霊告を受け、後に真宗を開宗する根源となった。本堂には、聖徳太子の持仏と伝える本尊如意輪観世音菩薩像、聖徳太子像、毘沙門天立像[重文] などを安置する。他に太子堂、親鸞堂等があり、本堂前の六角形の礎石は古来よりこの場所が京都の中心にあたるとされてきたところから「臍石」と呼び親しまれている。

また、本堂北の本坊を池坊と呼び、室町時代以降、多くのいけ花の名手を輩出した、華道発祥の地として有名。現在も華道家元池坊の拠点となっている。

参拝の御案内

住所 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
電話番号 075-221-2686
駐車場 無(付近に有料駐車場有り)
参拝時間 開門/午前6時~午後5時
納経時間/午前8時~午後5時
参拝料 無料
交通案内
最寄駅
地下鉄「烏丸御池」駅下車/徒歩約3分
市バス「烏丸三条」下車/徒歩約1分
阪急電車「烏丸」駅下車/徒歩約7分
URL http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/